本文へスキップ
ラッキーボトルヘッドの楽しみ方イメージ

TOP > PRODUCT > ラッキーボトルヘッドの楽しみ方

ラッキーボトルヘッドバナー

GALLON(ガロン) : ラッキーボトルヘッドの楽しみ方

ハイネケンビールの瓶
ラッキーボトルヘッドについて「何に使うのか?」と良く聞かれます。はっきり言って使い方などありません。レザーオブジェとして飾って楽しむだけです。好きな方には大変好評なアイテムですが、興味のない方には全く相手にされない存在です。

ハイネケンビールのビンを使用しているので、簡単にHeinekenの歴史を紹介しておきます。1873年にジェラルド・A・ハイネケンが創立した、オランダ・アムステルダムのビール会社で、最高のビールを醸造する事を目標に掲げ、ビール造りをスタートさせました。現在世界170ヶ国以上で販売している、アルコール度数5%のビールです。


個性的な顔のレザーオブジェ
そんなハイネケンの歴史を踏まえて、ハイネ・健のプロフィールを紹介します。

名前:ハイネ・健(ハイネ・ケン)
生まれ:1873年
出身:オランダ・アムステルダム
好きな食べ物:麦芽、ホップ、酵母
口癖:「最高のビールを醸造する」
好きな色:緑
尊敬する人:ジェラルド・A・ハイネケン
人体への影響:5%


焼印入りの花瓶
プロフィールはふざけてますが、商品は真面目に作っております。背面にはGALLONの焼印を押してあります。


ハンドメイドで製作しているレザー製の花瓶
たまに「瓶は付いてきますか」と、お問い合わせを頂きますが、もちろん瓶付きです。1点1点瓶に合わせて成形している為、ぴったりと瓶に付いています。素材には、ガロン拘りのステアハイドオイルレザーを使用しました。


ハイネケンのラベル
ハイネケンビール瓶のラベルをそのまま使用する事で、ハイネ・健の個性溢れる表情が生まれます。


面白い花瓶、ハンドメイド
できるだけ表情を揃えておりますが、全て1点1点ハンドメイドで製作しているため、多少個体差があり、同じ物は存在しません。大量生産品では表現できない部分であり、そこが人気のポイントでもあります。


オリジナルの面白い花瓶
決まった使い方はありませんが、花を挿し花瓶、一輪挿しとして飾る事もできます。この花瓶としての使い方が今のところ定番で、ちょっとしたプレゼントに活躍してます。


笑顔になれる変わった花瓶
これは、知り合いの古着屋がオープンした際に持って行ったハイネ・健です。花屋にハイネ・健を持ち込み、「コレを花瓶として花を飾りたい」と伝えると、瓶に合わせ花の長さをカットして、プレゼント用のラッピングもしてくれました。


変な花瓶。一輪挿し
父の日や母の日、誕生日などの記念日のプレゼントに、変わった花瓶で花を贈ってみてはいかがでしょうか?花と花瓶、どちらがメインか分かりませんが、喜んでくれると思います。


ウェブショップはこちら
<<< STICKER  |  BRASS NECKLACE >>>
革製品の通信販売はこちら


ガロンブログはこちら


facebookガロンのフェイスブックページ