本文へスキップ
木製キーフック、ハンガーフックのイメージ画像

TOP > PRODUCT > ウッドキーフックの拘りと使用例

ウッドキーフックバナー

GALLON(ガロン) : ウッドキーフックの拘りと使用例

ガロンで製作しているウッドキーフックは、革製品ではなく木製のインテリアアイテムなので、木製品が好きな方や、ガレージや部屋をオシャレに飾っている方からの注文が多いです。全て一点物で、同じ物がないというところも魅力ではないでしょうか。

家具屋からしいれた上質木材を使用
使用している木材は、仲良くしていただいている家具屋から仕入れています。大体の希望サイズだけを伝え、あとは木材のプロにお任せ。数ある種類の中から、仕上がりの雰囲気や耐久性などを考えて、厳選した木材を提案してくれています。


ハーレー用USEDスパークプラグを使用
フック部分にはバイク用のユーズドスパークプラグを使用しており、プラグの汚れを洗浄し再利用しています。基本的に、HARLEY DAVIDSON(ハーレーダビッドソン)から取り外したプラグがほとんどです。


イギリス製WATCO OIL(ワトコオイル)
木材はサイズを調整後、スパークプラグ取り付け用の穴などを開け、WATCO(ワトコ)社製オイルを塗って仕上げます。70年以上前から生産されているイギリス製の歴史ある木材専用オイルで、木の呼吸を妨げず、木目を生かした仕上がりと深い味わいが特徴の高級オイルです。


丈夫な鉄ナットで固定
ウッド部分の裏側はこのような感じになっています。木材に穴を空け、差し込んだプラグを鉄のナットで固定しており、非常に丈夫な構造です。


拘りのプラグの取り付け角度
密かに拘ったポイントが、このプラグの取り付け角度です。若干上向きに取り付けることで、ぶら下げた物の落下を押さえる事が出来ます。この構造は、ウッド部分に空ける穴そのものに角度を付けておく必要があり、あまり目立ちませんが、1番手間のかかる作業です。


ウッドとレザー、異素材の融合
仕上げには、ガロンロゴの焼印を押したオイルレザーを1点1点取り付けます。真鍮の釘を四隅に打ち込み完成です。


キーフック、インテリアとしての取り付け方法
ウッド部分には、取り付け用の穴が2箇所空いています。取り付け方法は場所により様々ですが、ネジで壁に固定などしてお使い下さい。その他、紐などでぶら下げたり、S字フックを使用し取り付けが可能です。


玄関で鍵などのディスプレイ収納
玄関などに飾って、自転車やバイク、車の鍵などをぶら下げて使えます。


ヘルメットホルダーとしても似合う
ヘルメットホルダーとして、ガレージなどでヘルメットなどをかけて置いても雰囲気がいいですね。写真のように、フックボードを革紐でぶら下げても似合います。


ガーデニンググッズをおしゃれに飾る
ガーデニンググッズをぶら下げ、屋外での使用も似合います。


服などをセンスよく飾れるハンガーラック
ハンガーなども掛けられるので、家やガレージだけでなく、ショップのディスプレイとしても使えます。1点1点ハンドメイドで製作している、少し無骨なインテリアアイテムいかがでしょうか?


ウェブショップはこちら
<<< COLLONIL LEATHER OIL  |  LEATHER PATCH >>>
革製品の通信販売はこちら


ガロンブログはこちら


facebookガロンのフェイスブックページ